F1 ニュース

投稿日: 2021.02.21 07:36
更新日: 2021.02.20 18:13

「アルピーヌF1の目標は、遅くとも2022年には優勝すること」とルノーCEO


F1 | 「アルピーヌF1の目標は、遅くとも2022年には優勝すること」とルノーCEO

 ルノーのCEOを務めるルカ・デ・メオは、アルピーヌF1チームが遅くとも2022年までには表彰台の常連になり、1勝か2勝は挙げられる状態になることを期待している。

 デ・メオは2020年からルノーの指揮をとっており、グループ内の大幅な戦略的変更を統括してきた。そのなかにはF1チームの名称を、ルノー傘下のスポーツカーであるアルピーヌに変更したことも含まれている。

 今年F1に復帰する2度のF1チャンピオン、フェルナンド・アロンソと、才能に恵まれた若手エステバン・オコンを擁して戦いに臨むアルピーヌの野望は、今年さらに前進を果たし、来年には優勝することであるとデ・メオは言う。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

HMReady’s
西崎華弥(にしざきかや)

F1 Photo Ranking

フォトランキング