F1 ニュース

投稿日: 2021.02.17 07:58
更新日: 2021.02.17 08:02

マクラーレンF1が新車『MCL35M』のシェイクダウンを完了。リカルド「順調な初日。この段階では理想的といっていい」


F1 | マクラーレンF1が新車『MCL35M』のシェイクダウンを完了。リカルド「順調な初日。この段階では理想的といっていい」

 マクラーレンF1チームは、2月16日、イギリスのシルバーストンでフィルミングデーを実施し、2021年型マシン『MCL35M』のシェイクダウンを行った。ウエットコンディションのなか、ランド・ノリスと新加入したダニエル・リカルドがニューマシンを初めてドライブした。

 今年、パワーユニット(PU/エンジン)をルノーからメルセデスに変更したマクラーレンは、15日に新車『MCL35M』の発表会を本拠地マクラーレン・テクノロジーセンターで開催。その翌日に、PR目的で許されているフィルミングデー規則を利用して、シェイクダウンを行った。最新マシンで走行できるフィルミングデーは年間2日間のみ許され、走行距離は1日100kmに制限されており、プロモーション用タイヤを装着しなければならない。


本日のレースクイーン

SHADE GIRLS 2021
松田蘭(まつだらん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング