F1 ニュース

投稿日: 2021.02.22 07:55
更新日: 2021.02.22 07:56

ホンダ、F1最終シーズンに向け、PU開発を前倒し「すべてのノウハウ活用を目指した。テストの数値に好感触」と田辺TD


F1 | ホンダ、F1最終シーズンに向け、PU開発を前倒し「すべてのノウハウ活用を目指した。テストの数値に好感触」と田辺TD

 ホンダF1テクニカルディレクターを務める田辺豊治氏が、2021年のパワーユニット(PU/エンジン)について説明し、いったんは2022年に延期した開発を前倒しにして今季投入することを決めたと語った。パワーユニット自体についてもパッケージングについても改善を図ったという。

 2020年、新型コロナウイルス感染症大流行の影響で、F1規則は変更され、昨シーズン中にはパワーユニットをアップデートすることが許されなかった。また、次世代マシンの導入は2022年に延期された。

 ホンダは、当初アップデートを2022年に延期したが、その後、2021年末でF1活動を終了するという決定が下されたことで、パワーユニット開発プランを再度変更することを決めたと、田辺テクニカルディレクターは明かした。