F1 ニュース

投稿日: 2021.03.27 09:49
更新日: 2021.03.27 10:28

【角田裕毅F1バーレーンGP密着】初日は僚友ガスリーを上回る7番手。無線では思わず怒りの叫び


F1 | 【角田裕毅F1バーレーンGP密着】初日は僚友ガスリーを上回る7番手。無線では思わず怒りの叫び

 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)が2021年のF1にデビューした。日本人ドライバーがF1の公式セッションに参加するのは、2019年の山本尚貴(トロロッソ・ホンダ)以来、2シーズンぶり。またフル参戦ドライバーとして開幕戦でF1マシンを走らせるのは、2014年の小林可夢偉(ケータハム)以来、7年ぶりのことだった。

 角田に日本のF1ファンが熱い眼差しを送るのは、それだけが理由ではない。角田には、これまでの日本人F1ドライバーにはない才能を感じているからだ。そのひとつが若さだ。20歳の角田は、日本人として最年少でF1にデビューする。16歳で4輪のレースを開始した角田は、わずか5年でF1にデビューした。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
宮本りお(みやもとりお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング