F1 ニュース

投稿日: 2021.04.07 15:41
更新日: 2021.04.07 15:42

2022年以降もF1で戦う意志を語ったハミルトン。8度目の戴冠と活動継続にドメニカリCEOも期待


F1 | 2022年以降もF1で戦う意志を語ったハミルトン。8度目の戴冠と活動継続にドメニカリCEOも期待

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、開幕戦バーレーンGPの週末の間に、2022年もF1でレースを続ける意志があると語った。ハミルトンは選択肢から引退を除外していないかもしれないが、2021年に最多記録となる8度目のドライバーズタイトルを獲得したとしても、そのことが彼の判断に影響することはないという。

 ハミルトンの判断に影響を与える可能性のあることというのは、バーレーンGPのように、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とさらなるバトルができるか否かということだ。ハミルトンは、コース上でもっと戦いがしたいと何度も語った。