F1 ニュース

投稿日: 2021.04.11 07:35
更新日: 2021.04.10 14:56

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】デビュー編:インパクト十分だが、大幅順位アップは当然の成り行き。もっと上を目指せた


F1 | 【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】デビュー編:インパクト十分だが、大幅順位アップは当然の成り行き。もっと上を目指せた

 2021年に7年ぶりに日本人F1ドライバーが登場した。アルファタウリ・ホンダからF1にデビューした角田裕毅だ。極めて高い評価を受け、大きな期待を担う角田を、海外の関係者はどう見ているのか。今は引退の身だが、モータースポーツ界で長年を過ごし、チームオーナーやコメンテーターを務めた経験もあるというエディ・エディントン(仮名)が、豊富な経験をもとに、忌憚のない意見をぶつける。

────────────────────────

「ハロー、ユーキです。名刺をどうぞ」とばかりに、角田はコース上でベテラン元王者たちを次々と抜き去っていった。セバスチャン・ベッテル、フェルナンド・アロンソ、キミ・ライコネンは、決勝日の朝までは角田裕毅のことを知らなかったかもしれないが、その名を覚えてバーレーンを出発したことだろう。はるか後方からぐっと近づいて、ブレーキングで大胆にオーバーテイクしていった若者。特に3回もそんなことをされたベッテルは、忘れられるわけがない。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2021
霧島聖子(きりしませいこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング