F1 ニュース

投稿日: 2021.06.05 07:29
更新日: 2021.06.05 07:32

角田裕毅、チームも満足の初日10番手「限界を探りつつ学習。間違いなくペースはいい」アルファタウリ・ホンダ/F1第6戦


F1 | 角田裕毅、チームも満足の初日10番手「限界を探りつつ学習。間違いなくペースはいい」アルファタウリ・ホンダ/F1第6戦

 2021年F1アゼルバイジャンGPの金曜、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅はフリー走行1=14番手(1分45秒384/25周)/2=10番手(1分43秒130/25周)だった。どちらのタイムもソフトタイヤで記録した。

 バクーでのキャリア初走行となった角田裕毅は、コースの習熟に努め、何度かコースオフする場面はあったが、しっかりと周回を重ねた。チーフレースエンジニアのジョナサン・エドルズは、「裕毅は我々が彼に求めたことをしっかり成し遂げ、FP2の終わりにはピエール(・ガスリー)とほぼ互角だった。FP3と予選ではさらにタイムを見つけることができるだろう」とポジティブな感想を述べている。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ARTA GALS
はらことは(はらことは)

F1 Photo Ranking

フォトランキング