F1 ニュース

投稿日: 2021.06.06 09:43
更新日: 2021.06.06 09:46

ホンダ4台がトップ7グリッド獲得も「ポールへの挑戦が不発に終わったことは残念」と田辺TD/F1第6戦


F1 | ホンダ4台がトップ7グリッド獲得も「ポールへの挑戦が不発に終わったことは残念」と田辺TD/F1第6戦

 2021年F1アゼルバイジャンGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手、セルジオ・ペレスは7番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは4番手、角田裕毅は8番手となり、ホンダのパワーユニット搭載車4台がトップ8入りする結果となった。

 ホンダ勢全車が予選Q3に進出したのは今シーズン初めて。また、予選6番手のランド・ノリス(マクラーレン)がグリッド降格ペナルティを受けたため、ペレスは6番グリッド、角田は7番グリッドに繰り上がることが決まっている。ホンダ勢4人は、ソフトタイヤで決勝をスタートする。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング