F1 ニュース

投稿日: 2021.06.07 17:50
更新日: 2021.06.07 17:51

ホンダF1田辺TDレース後会見:速さを見せるもタイヤトラブルで1-2ならず「フェルスタッペンのクラッシュは本当に残念」


F1 | ホンダF1田辺TDレース後会見:速さを見せるもタイヤトラブルで1-2ならず「フェルスタッペンのクラッシュは本当に残念」

 2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPは、セルジオ・ペレスがレッドブル移籍後初優勝、アルファタウリのピエール・ガスリーも3位でチェッカーを受け、ホンダがパワーユニットを供給する2チームのドライバーふたりが表彰台に上がった。

 さらにここ数戦苦しんできた角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)も開幕戦以来のポイントを獲得し、自己ベストの7位入賞を果たした。その結果を受けたホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターは、「これまで苦手としてきたバクー市街地サーキットで、メルセデスと互角に戦えた」と、素直に喜んでいた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング