F1 ニュース

投稿日: 2021.06.12 07:00
更新日: 2021.06.12 01:58

バクーのピットエントリーを“最も危険な場所”と評価した元F1王者ロズベルグにレースディレクターが反論


F1 | バクーのピットエントリーを“最も危険な場所”と評価した元F1王者ロズベルグにレースディレクターが反論

 FIAのレースディレクターを務めるマイケル・マシは、バクー市街地サーキットのピットエントリーを「世界で最も恐ろしい場所のひとつ」と考えている2016年のF1世界チャンピオンのニコ・ロズベルグに反論した。

 ロズベルグは自身のYouTubeチャンネルで、バーチャルラップのプレゼンテーション中に、2016年にメルセデスから優勝したときのバクー市街地コースについてコメントした。彼は通常、コースのコーナーを走り抜け、各セクションとコーナーの固有の特性についてファンに知識を提供している。23回のグランプリ優勝経験を持つロズベルグは、バクーのピットエントリーの危険な側面を指摘し強調した。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング