Blog ニュース

投稿日: 2021.06.12 12:00
更新日: 2021.06.11 23:55

【ブログ】最後の最後まで展開が読めない市街地レース/F1自宅特派員アゼルバイジャンGP編


Blog | 【ブログ】最後の最後まで展開が読めない市街地レース/F1自宅特派員アゼルバイジャンGP編

 バクー市街地サーキットで2年ぶりに開催された2021年F1第6戦アゼルバイジャンGPは、チャンピオンシップを争うルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)がノーポイントに終わり、セルジオ・ペレスがレッドブル・ホンダ移籍後初優勝を手に入れる波乱の展開になり、ホンマさんの推しであるキミ・ライコネン(アルファロメオ)も今シーズン初ポイントを獲得しました。改めてレースをホンマさんと振り返りましょう。


関連のニュース

Blog News Ranking

    本日のレースクイーン

    SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
    津田知美(つだともみ)

    Blog Photo Ranking

    フォトランキング