F1 ニュース

投稿日: 2021.07.29 15:19
更新日: 2021.07.29 15:21

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】ベテランのような走りに成長を実感。アタックモードでもミスしないことが課題


F1 | 【角田裕毅を海外F1ライターが斬る】ベテランのような走りに成長を実感。アタックモードでもミスしないことが課題

 2021年に7年ぶりに日本人F1ドライバーが登場した。アルファタウリ・ホンダからF1にデビューした角田裕毅だ。極めて高い評価を受け、大きな期待を担う角田を、海外の関係者はどう見ているのか。今は引退の身だが、モータースポーツ界で長年を過ごし、チームオーナーやコメンテーターを務めた経験もあるというエディ・エディントン(仮名)が、豊富な経験をもとに、忌憚のない意見をぶつける。今回は第10戦イギリスGPを振り返る。

────────────────────────

 イギリス人は本当に面白い。サッカーのユーロカップのたびに、絶対に自分の国が優勝すると思い込んで大騒ぎをし、結局は負けて打ちひしがれるのだ。イギリスGPでは、ほとんどのチームが「ただいま!」「ただいま!」と騒いでいた。イギリスに本拠を置くチームが多いからだが、シルバーストンは世界選手権最初のイベントが開催された場所だし、イギリスはそもそもモータースポーツのホームといっていい。関係者全員の気持ちが高まるのも当然だろう。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング