F1 ニュース

投稿日: 2021.09.13 00:09
更新日: 2021.09.13 01:06

リカルドが移籍後初優勝、マクラーレンW表彰台。フェルスタッペンとハミルトンは接触リタイア【決勝レポート/F1第14戦】


F1 | リカルドが移籍後初優勝、マクラーレンW表彰台。フェルスタッペンとハミルトンは接触リタイア【決勝レポート/F1第14戦】

 9月12日現地時間15時、2021年F1第14戦イタリアGP決勝が行われ、ダニエル・リカルドがマクラーレン移籍後、初優勝を飾った。

 気温は28度、路面温度は44度という暑いコンディション。

 スプリント予選でクラッシュしリタイアしたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)は、ギヤボックス交換と合わせて今季4基目となるパワーユニットを投入し、ESがスペック違いの新型であるためピットレーンスタートが義務づけられた。スプリント予選を制したバルテリ・ボッタス(メルセデス)は金曜の今季4基目パワーユニット投入で最後尾グリッドスタートのペナルティを科され、19番グリッドからのスタートとなった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング