F1 ニュース

投稿日: 2021.09.13 14:20
更新日: 2021.09.15 16:05

レッドブル・ホンダ密着:逆転を狙う最大のチャンスだったはずのピットストップ。約11秒のロスが大きな痛手に


F1 | レッドブル・ホンダ密着:逆転を狙う最大のチャンスだったはずのピットストップ。約11秒のロスが大きな痛手に

 マックス・フェルスタッペンがポールポジションからスタートしたF1第14戦イタリアGPで、レッドブル・ホンダが優勝できなかった直接的で最終的な理由は、26周目のルイス・ハミルトン(メルセデス)との接触だが、そこに至るまで、フェルスタッペンはすでに2度優勝を逃す致命的なミスを犯していた。

 ひとつはスタートでダニエル・リカルド(マクラーレン)を前に出したことだ。マクラーレンは土曜日のスプリント予選でも、スタートでハミルトンの前に出ると、その後チェッカーフラッグまでポジションを譲ることはなかった。つまり、この時点でフェルスタッペンの優勝はかなり低くなっていた。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ARTA GALS
はらことは(はらことは)

F1 Photo Ranking

フォトランキング