F1 ニュース

投稿日: 2021.10.14 16:19
更新日: 2021.10.14 16:21

ターン8でのタイヤの労わり方が「ふたりのラップタイム差、ダメージに繋がった」/ホンダ本橋CEインタビュー


F1 | ターン8でのタイヤの労わり方が「ふたりのラップタイム差、ダメージに繋がった」/ホンダ本橋CEインタビュー

 2021年F1第16戦トルコGPでのアルファタウリ・ホンダは、ピエール・ガスリーが予選5番手、角田裕毅も7月のオーストリアGP以来となるQ3進出を果たした。決勝レースはガスリーが6位に入賞する一方で、角田は14位に終わった。とはいえ序盤に8周にわたってルイス・ハミルトン(メルセデス)を抑えるなど、力強い走りを見せた。

 想定以上にグリップの上がった今季のドライ路面、そしてレースでは一転して滑りやすいウエット路面という難しいコンディションだったが、久々に上位グリッド、上位入賞を獲得した今年のトルコGPを、「チーム力のステップアップが確認できた週末だった」と、ホンダの本橋正充チーフエンジニアは総括した。


関連のニュース

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング