F1 ニュース

投稿日: 2016.04.04 12:08
更新日: 2016.04.04 13:41

ウェーレイン「一時は7番手。オーバーテイクを楽しんだ」:マノー バーレーン日曜


F1 | ウェーレイン「一時は7番手。オーバーテイクを楽しんだ」:マノー バーレーン日曜

 2016年F1バーレーンGP決勝で、マノーのパスカル・ウェーレインは13位、リオ・ハリアントは17位だった。

■マノー・レーシングMRT
パスカル・ウェーレイン 決勝=13位
 僕にとって素晴らしいレースだった。メルボルンとも比べものにならないほどだ。全く違うレースのように感じた。マシンがよくなり、タイヤの管理もうまくいった。すべてが大きく進歩したんだ。

 スタート直後はカオスだったけど、中団ではよくそうなるものだし、不平を言うつもりはない。いいスタートを決めて、接触を避け、ファーストスティントはとても楽しく走れた。競争力があったことがすごく嬉しかった。一時は7位を走っていたんだ。フォース・インディアの2台を抜いたのは楽しかったな。

 終盤、もう一台のザウバーをつかまえられたらよかったんだけど、そのころにはタイヤがだめになり始めていた。タイヤのデグラデーションが出たため、3回ストップに切り替えた。それでも前回のレースよりずっとうまくいった。僕らにとっていい兆候だ。

 チーム全員に今日のことでお礼を言いたい。マシンは素晴らしかったし、まだまだポテンシャルがあると分かって興奮している。中国が待ちきれないよ。

リオ・ハリアント 決勝=17位
 今日はチェッカーフラッグを見ることができてよかった。レースディスタンスを走り切っていい気分だ。僕にとってもチームにとっても貴重な経験になるからね。データを集めて、それを分析し、マシンの開発を進めるんだ。

 スタートはうまくいき、ザウバーやルノーと同じグループで走った。でも彼らとは戦略が違った。タイヤのデグラデーションに苦しんだことで順位を上げることができなかった。

 上海はよく知っているサーキットだから、そこでまた一歩前進するのを楽しみにしている。


本日のレースクイーン

apr sweetプリンセス
non(のん)

F1 Photo Ranking

フォトランキング