レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2022.11.13 08:59
更新日: 2022.11.13 09:14

F1ブラジルGPスプリントで6人が審議対象に。アロンソ降格、ハミルトンは2番グリッドを維持、ガスリーは警告どまり

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | F1ブラジルGPスプリントで6人が審議対象に。アロンソ降格、ハミルトンは2番グリッドを維持、ガスリーは警告どまり

 F1ブラジルGP土曜スプリントにおいて、複数のドライバーがレギュレーション違反の疑いありとして、調査対象になった。スプリントを3番手でフィニッシュしたルイス・ハミルトン(メルセデス)もそのひとりだったが、調査の結果、処分なしとの裁定が下り、日曜決勝を2番グリッドからスタートできることとなった。また、出場停止の危機にあるピエール・ガスリー(アルファタウリ)は、違反を犯したものの警告を受けるにとどまり、ペナルティポイントの加算はなかった。一方、チームメイトのエステバン・オコンとの接触において、フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)には5秒のタイムペナルティが科された。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム