F1 ニュース

投稿日: 2016.04.11 07:19
更新日: 2016.04.11 07:21

ホンダ「Q3にはまだ足りない」。最重要課題はパワー向上


F1 | ホンダ「Q3にはまだ足りない」。最重要課題はパワー向上

 ホンダF1プロジェクト総責任者、長谷川祐介氏が、パワーユニットの信頼性に関しては改善することができたため、今後パワーの向上に努めていきたいと語った。

 F1パワーユニットサプライヤーとしてF1に復帰した2015年はトラブルが多発し、パフォーマンス向上を思うように進めていくことができなかったホンダだが、対策を施して2016年に臨み、マクラーレンもドライバーたちも改善を感じると発言している。

 第2戦バーレーンではジェンソン・バトンのパワーユニットに問題が発生しリタイアせざるを得なくなったものの、長谷川総責任者は信頼性向上は明らかであり、今後はパワーを改善することに集中していくと語った。

 今年一番大きく向上するだろう点は何かと聞かれた長谷川総責任者は「エンジンパワーです」と答えたとF1iが報じている。

「エンジンの燃焼を向上させる必要があります。ストレートエンドのスピードがまだ足りません。それがすべてです」

「まずは信頼性に集中しました。(バーレーンで)トラブルはありましたが、信頼性の面では向上したと考えています。」

「今後(集中していくの)はICEのパフォーマンス、つまりパワーです。今のパワーではQ3に進出するのに十分ではないと分かっています。今のパフォーマンスはまずまずだとは考えていますが」

 今年はシーズン中にもパワーユニットの開発を行うことが可能で、ホンダは32トークン中14を残した状態だ。Grand Prix Timesなど一部メディアは、ヨーロッパラウンド初戦のスペインGPでホンダはトークンを使ったアップグレードを行う可能性があると推測している。
 


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング