海外レース他ニュース

2018.08.09

プレマ・セオドール・レーシング 2018ADAC F4第6戦ニュルブルクリンク レースレポート


ペテコフ初の表彰台 フィッティパルディは全戦表彰台でシリーズ2位を維持

2018年8月3-5日
ドイツ/ニュルブクリンク

 ADAC F4はこのニュルブルクリンクでシリーズ第6ラウンドを迎えた。

 開幕序盤の好調から一転。中盤戦、やや下降気味だったFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)ドライバー#74エンツォ・フィッティパルディは、ここニュルで2シーズン目の意地を見せ、この週末のすべてのレースを表彰台で締め括った。これにより自身のシリーズランキングも2位へと返り咲くことに成功。

 同じくFDAドライバーの新人、#5ジャンルーカ・ペテコフ。リバースグリッドの優位性を活かし2位を獲得。彼自身のこのシリーズに於ける今シーズン最上位の記録をマークした。

 英国MSA(モータースポーツ・アソシエイション)アカデミードライバーの#64オリ・カルドウェルと、今シーズンはこのシリーズにスポット参加のレッドブルジュニア#33ジャック・ドゥーハンはともにクラッシュにより戦列を去る、或いは下位に沈むという不運に見舞われた週末となった。

 カルドウェルはレース2・3で9位、7位。ジャックはレース3で最後尾からスタートし4位まで浮上。関係者の注目を一気に集めたが、他車と接触してフロントウイングが脱落。ピットに入りノーズを交換。戦列に復帰したが12位でレースを終え、まだスピードと結果が一致しないという状態ながらも、後半戦に大きな期待を抱かせる結果となった。

 このレースをもってADAC F4は夏休みに入る。夏休み明けは9月22~23日のホッケンハイムの最後の1イベントを残すのみとなり、特にタイトルを狙うエンツォ・フィッティパルディにとっては万全のコンディションで迎えたい最終戦となる。

#5ジャンルーカ・ペテコフ

#5ジャンルーカ・ペテコフのコメント

「今までで一番良かったレースウイークエンドでした。予選は可もなく不可もない結果でしたが、レースを終わってみたら5位・9位・2位と良い結果を残せました。特にレース3はリバースグリッドで良い位置を確保。そこからスタートしてそれを活かすことができました」

「これで少し安心できてリラックスした気持ちで休暇に入ることができます。最後のレースでは絶対に表彰台の真ん中に立ちたいと思います」


海外レース他 News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY/2018SGT
南真琴(みなみまこと)

Photo Ranking

フォトランキング