レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

海外レース他 ニュース

投稿日: 2016.09.15 10:11
更新日: 2016.09.15 10:20

佐藤万璃音 FIA-F4イタリア第5戦 レースレポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


海外レース他 | 佐藤万璃音 FIA-F4イタリア第5戦 レースレポート

2016年9月14日

2016 FIA-F4 イタリア第5大会(ヴァレルンガ)レビュー

佐藤万璃音、度重なる貰い事故で失意の週末

■大会概要

開催地:イタリア・ヴァレルンガ(アウトドローモ・ヴァレルンガ・ピエロ・タルフィ:一周4.085km)
開催日:2015年9月9日(金)~11日(日)

■ヴァレルンガ・レビュー

9月10日(天気:晴れ~曇り/路面:ドライ) 予選1回目 17番手/予選2回目 18番手
9月10日(天気:雨/路面:ウェット) 決勝レース1(28分間+1周) 19位(10周)
9月11日(天気:晴れ/路面:ドライ) 決勝レース2(28分間+1周) 15位(17周)
9月11日(天気:曇り/路面:ドライ) 決勝レース3(18分間+1周) リタイア(0周)

 イタリア・ヴァレルンガで9月9~11日、FIA-F4イタリア第5大会が30台の参加により実施されました。フォーミュラカーレース2シーズン目を迎えた佐藤万璃音(さとうまりの/17歳)は、同シリーズにヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシング(VSR)より参戦。9日(金)に実施された40分間×2回の練習走行を経て臨んだ10日(土)の予選は、1回目が17番手で2回目が18番手でした。

 予選1回目の結果に基づきスターティンググリッドが決まった決勝レース1、スタート進行の開始直前に雷鳴がとどろき雨まで降り始めたため延期。⼩雨の中でスタート進行が始まり、スターティンググリッド上にはスリックタイヤとレインタイヤを履くマシンが混在する状況となりました。

 佐藤はスリックを選択。レースはセーフティーカー(SC)先導で始まり、3周終了時点でSCがコースから離れるといよいよ戦闘開始。17番グリッドの佐藤は一時14番手まで浮上するも、難しい路面状況のなかでコースアウトを喫するなどして19位でマシンを降りました。

FIA-F4イタリアを戦う佐藤万璃音
FIA-F4イタリアを戦う佐藤万璃音

 予選2回目の結果に基づきスターティンググリッドが決まった決勝レース2、18番グリッドからスタートした佐藤は1周目に抜きまくり11番手へ急浮上しました。コースオフしたマシン排除のため3周目にSC導入、5周終了時点でSCが退去。

 しかし、SC退去後のリスタート失敗だけでなく、ヘアピンコーナーでは後方から突っ込んできたマシンが、佐藤の前を走るマシンに乗り上げて宙を飛ぶ事故が発生。佐藤の進路をふさぐ格好で着地したため、大きくタイムを失い一時は17番手まで後退。

 その後はペースの遅いマシンの背後で我慢の⾛りを強いられて15位でした。

 決勝レース2の結果に基づきスターティンググリッドが決まった決勝レース3、佐藤は抜群のスタートダッシュをみせ、スタートラインまでの数十メートルで2台を抜き去る勢いでした。しかし、左前方のマシンの陰からスピンしてきたマシンが目の前に突然現れて佐藤はなすすべなく突っ込み、1周もできずリタイアに終わりました。

 なお、FIA-F4イタリア第6大会はイタリア・イモラのアウトドローモ・インテルナツィオナーレ・エンツォ・エ・ディーノ・フェラーリで、9月23~25日に開催されます。


関連のニュース