海外レース他 ニュース

投稿日: 2019.08.09 16:38

SCB:高額賞金“ミリオン・レース”にルーカス・ディ・グラッシがスポット参戦で復帰


海外レース他 | SCB:高額賞金“ミリオン・レース”にルーカス・ディ・グラッシがスポット参戦で復帰

 2014年チャンピオンのルーベンス・バリチェロを筆頭に、リカルド・ゾンタやネルソン・ピケJr.ら同国出身の元F1ドライバーが多数参戦する人気ツーリングカー選手権、SCBストックカー・ブラジルで、今季もチャンピオン争いを展開するトップチーム、ユーロファーマRCがルーカス・ディ・グラッシの起用を発表。高額賞金の掛かるシーズン最大のお祭り“ミリオン・レース”で4台目のマシンを託すことを決めた。

 2019シーズンは8月25日にインテルラゴスでの開催が決まっている年1開催のミリオン・レースに向け、ユーロファーマRCはチームの歴史上で前例のない試みを決断した。過去16シーズンで最大となる4台体制に拡大することを決め、そのゲストカーにABBフォーミュラE王者で国際レース経験が豊富なディ・グラッシをスポット起用することをアナウンスしたのだ。

「まずはブラジル最大のシリーズで、カレンダー中もっとも重要なイベントにカムバックすることができてうれしい。ユーロファーマRCはとても強力でプロフェッショナルなトップチームであり、その一員に加われることも光栄だよ」と、チームリリースのなかで喜びを語ったディ・グラッシ。

 これに対し、チームの商業部門を担当する女性ジェネラルマネージャーのジャナイナ・プロコーピオも「グリッドに4台のマシンを並べるのは初の試みであり、これによりチームのブランド認知とスポンサー各位の露出、そしてチーム全体のクオリティ向上に繋がるはず。その最後の1台に、ブラジルを代表するトップドライバーを招聘できたことを誇りに思います」と歓迎の意を述べている。

 ブラジル国内でも「過去10年で世界的にもっとも成功したブラジル人ドライバー」と称されるディ・グラッシは、マカオGPでの優勝を皮切りに、GP2では3年連続ランキング3位以内を記録し、並行して複数のF1チームでテストドライバーを歴任。2010年にはヴァージン・レーシングでF1フルタイムデビューを果たすと、その後はル・マン24時間で3度の表彰台獲得を経て、2016/17シーズンにはアプト・シェフラー・アウディスポーツでフォーミュラEのドライバーズチャンピオンに輝いている。

8月25日開催のインテルラゴス”ミリオン・レース”にスポット参戦が発表されたルーカス・ディ・グラッシ
2018年はHERO Motorsportからフル参戦。ゲストドライバーにはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタも起用された
初のレギュラー参戦ながら、初年度シーズンで3勝を記録する活躍を演じた


本日のレースクイーン

MOTUL Circuit Lady
井澤萌夏(いざわもえか)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング