ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.07.19 13:11
更新日: 2016.07.19 13:15

来季WRCの速度上昇でタイヤ開発激化「1日1セット規制はナンセンス」


ラリー/WRC | 来季WRCの速度上昇でタイヤ開発激化「1日1セット規制はナンセンス」

 マシン規定の変更で2017年のWRカーがさらなる高速化を果たすと予測されるなか、タイヤ開発の現場でも、その速さに追いつく必要に迫られている。 

 増大したパワーにより高速化するマシンの安全性も懸念されており、世界ラリー選手権(WRC)にタイヤを供給するミシュランとDMACKは、タイヤの再設計を余儀なくされるとみられている。

 DMACKタイヤのマネージング・ディレクター、ディック・コーマックは、マシンの出力増大により、タイヤの耐磨耗性の向上が急務であり、同時にグリップを制限することで速度上昇を抑えつつ、十分な磨耗性能を確保することが求められる、と語った。

2017WRカーのテストを続けるトヨタ
2017WRカーのテストを続けるトヨタ

「ミシュランと私たちは特にグラベル路面において、摩耗レベルの大幅な増加があると見込んでいる」とコーマック。

「これは、問題に対処するためにコンパウンドもパターンも変更する必要性があるということを意味する」

「もしトレッド幅を大きくした場合、タイヤライフには余裕が出るだろう。しかし、必然的にトレッドブロックのギャップを広げる必要があり、そうすればグリップレベルが低下する」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング