ラリー/WRC ニュース

2016.07.14

WRCで速さみせるDMACK、来季『ワークス供給』か『2台体制』を模索


ラリー/WRC | WRCで速さみせるDMACK、来季『ワークス供給』か『2台体制』を模索

 6月30日~7月3日に行われた世界ラリー選手権(WRC)第7戦ポーランドで、オット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)のドライブで優勝目前まで迫ったことが記憶に新しいDMACKタイヤは、2017年シーズンに向けて、ミシュランとの契約が終了するMスポーツとの提携か、自チームのエントリー台数を2台に拡大することを模索している。

 WRCでは早ければ17年シーズンにコントロールタイヤが復活する可能性もあると報じられているが、DMACKタイヤのマネージング・ディレクターを務めるディック・コーマックはタイヤ開発の新たなステップを踏み出すことを望んでいるという。

「我々はMスポーツとの契約を狙っている」とコーマック。

「目標は来シーズンからの契約だが、話がまとらなかった場合でも、来年以降に契約できる可能性を探りたい」

「来季ワークスチームへのタイヤ供給が困難な場合、我々のチームを2台体制に増強て、フル参戦したいと思っている」

ラリー・ポーランドでは優勝目前に迫ったオット・タナク
ラリー・ポーランドでは優勝目前に迫ったオット・タナク

 コーマックは、現在のユーザーであるタナクとイギリス国内選手権(BRC)でDMACKタイヤを使用しているエルフィン・エバンスの起用を強く希望しており、このドライバーラインアップが実現した場合、15年のMスポーツワークスのドライバーラインアップが再現されることとなる。 

 コーマックは「あのふたりなら非常に強いチームになる」と説明する。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
那津あやこ(なつあやこ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング