ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.07.30 13:35
更新日: 2016.07.30 13:43

WRCフィンランド:ミークが総合首位浮上。オジエ、今季初のコースアウト


ラリー/WRC | WRCフィンランド:ミークが総合首位浮上。オジエ、今季初のコースアウト

 世界ラリー選手権(WRC)第8戦フィンランドは29日、SS2〜SS12が行われ、クリス・ミーク(シトロエンDS3 WRC)が総合首位に浮上した。また、セバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)はSS10でコースアウトしている。

 SS2で総合首位に浮上したミークは、午前の走行でオット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)と激しい首位争いを展開する。しかし、SS5でタナクが操るフィエスタRS WRCにサスペンショントラブルが発生。修復に時間を要して、順位を落としてしまった。

WRC第8戦フィンランド ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)
WRC第8戦フィンランド ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)

 代わって、総合2番手には地元の英雄、ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が浮上する。ラトバラはSS4でタイヤのパンクから、マシンのリヤボディワークやウイングにダメージを負いながらも、ミークと18.1秒差につけている。

 競技後、ミークは「ラリー・フィンランド初日を20秒近いリードで終えることができ、本当に驚いた」と走行を振り返った。

「タナクとラトバラはとても速かったが、彼らが問題を抱えている間にギャップを広げることができたよ。それでも楽観視はしていない。このイベントは毎年、コンマ数秒を争う激戦だからね」

「僕の目標はいつもと変わらない。可能な限りベストを尽くして、勝利することだ。だから、明日も限界までプッシュする戦略を取るつもりだよ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRL 2020
美月千佳(みづきちか)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング