ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2021.04.26 11:25
更新日: 2021.04.26 12:28

トヨタ、今季2度目の1-2達成。エバンスとの接戦制したオジエが選手権首位に/WRC第3戦


ラリー/WRC | トヨタ、今季2度目の1-2達成。エバンスとの接戦制したオジエが選手権首位に/WRC第3戦

「まるでジェットコースターのように、感情が大きく揺れ動いた週末だった」と語るのは、劇的な勝利を収めたオジエ。

「今朝、あれだけのことが起きたので優勝できるとは思っていなかったが、皆さんが知っているように僕は決して諦めない男だし、最後まで戦い続けようとしたんだ」

 敗れたエバンスは「総合2位で終わるというのは望んでいた結果ではない」とコメント。

「最後のステージでセブ(セバスチャン・オジエ)が本当に速かったのは事実だが、僕が最後のコーナーでミスをしてしまった。とても悔しいけど、決して悪くない結果だと思う」

 チーム代表を務めるヤリ-マティ・ラトバラは優勝を争ったふたりと、彼らが持ち帰った結果を誇りに思うと語った。

「今日のように、選手たちが優勝をかけて戦っている状況で、ステージ上の出来事を追うのはとても緊張するし、興奮もする」とラトバラ。

「エルフィン(・エバンス)は最後のコーナーで少しだけはみ出し、結果的にそこで勝負が決まってしまったのはとても残念だが、彼もセブもプッシュしなくてはならなかったと思うし、セブの最終ステージの走りは見事だった」

「彼らの今週末の戦い、そして今回もワン・ツー・フィニッシュを飾りチームに素晴らしいリザルトをもたらしてくれたことを誇りに思う。とても満足しているよ」

 シーズン第3戦を終えて、今戦の優勝に加えてパワーステージでのボーナス5ポイントを獲得したオジエは選手権リーダーへと返り咲いた。また、エバンスはランキング単独3位となった。
 
 マニュファクチャラー選手権では、オジエとエバンスが2度目のワン・ツー・フィニッシュを果たしたことで、トヨタはランキング首位を守ることに成功。2位につけるヒュンダイとの差を27ポイントに広げている。

 WRCの次戦第4戦は5月20~23日に行われる第4戦ポルトガルだ。ポルトガル北部のマトジニョスを中心に実施されるこのラリーは2年ぶりの開催となり、今季初のグラベル(未舗装路)ラリーとして行われる予定だ。

TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表
TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ代表
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
エルフィン・エバンス(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
セバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC) 2021年WRC第3戦クロアチア
互いの健闘を称え合うセバスチャン・オジエ(左)とエルフィン・エバンス(右)
互いの健闘を称え合うセバスチャン・オジエ(左)とエルフィン・エバンス(右)


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
亀澤杏奈(かめざわあんな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング