ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2021.06.28 16:25
更新日: 2021.06.28 21:53

優勝目前のリタイア「超低速コーナーで何かが壊れたのを感じた」とヌービル/WRC第6戦ケニア デイ4後コメント


ラリー/WRC | 優勝目前のリタイア「超低速コーナーで何かが壊れたのを感じた」とヌービル/WRC第6戦ケニア デイ4後コメント

 6月27日、WRC世界ラリー選手権第6戦ケニアの競技最終日はデイ4のSS14~18が行われ、前日までのトップが朝のステージで姿を消す波乱が起こるなか、TOYOTA GAZOO Racing WRTのセバスチャン・オジエ(トヨタ・ヤリスWRC)が逆転優勝を飾った。また、この最終日を総合2番手で迎えた勝田貴元(トヨタ・ヤリスWRC)が総合2位でフィニッシュし、WRC総合で自身初となる表彰台を獲得した。そんな『サファリ・ラリー・ケニア』の全日程を終えた各陣営からドライバーコメントが発表されている。

■Mスポーツ・フォードWRT

●ガス・グリーンスミス(フォード・フィエスタWRC)/総合4位


関連のニュース

本日のレースクイーン


西野咲(にしのさき)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング