ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2021.10.07 18:22
更新日: 2021.10.07 18:45

トヨタが2022年WRCドライバー発表。エサペッカ・ラッピが復帰し、オジエと3台目をシェアへ


ラリー/WRC | トヨタが2022年WRCドライバー発表。エサペッカ・ラッピが復帰し、オジエと3台目をシェアへ

 10月7日、TOYOTA GAZOO Racing WRTは2022年シーズンのWRC世界ラリー選手権を戦うドライバーラインアップを発表し、2017~18年にかけて同チームの一員としてシリーズを戦ったエサペッカ・ラッピが古巣に復帰することを明らかにした。

 世界最高峰のシリーズに3台のトヨタ・ヤリスWRCを投じ、第10戦終了時点ですでに2021年シーズンのワールドチャンピオンを輩出することが確定しているトヨタ。フィンランドに拠点を置く日本メーカーのチームは現在、来季のWRCで採用される“ラリー1”規定に合わせた新型ハイブリッド・ラリーカーの開発を行っており、ラッピはその3台目のシートを今季限りでフルタイムドライバーから引退するセバスチャン・オジエとシェアすることになる。


関連のニュース

本日のレースクイーン

PACIFIC JLOC エンジェル
星香(せいか)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング