ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2016.03.07 13:24
更新日: 2016.03.08 22:06

WRC:ラトバラがメキシコ制圧。5戦ぶりの総合優勝


ラリー/WRC | WRC:ラトバラがメキシコ制圧。5戦ぶりの総合優勝

世界ラリー選手権(WRC)第3戦メキシコは6日、SS20~21のデイ4が行われ、ヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が今季初勝利を挙げた。総合2位にはセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が入り、総合3位にはダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)が獲得したが、ソルドには競技終了後にタイムペナルティが与えられたため、マッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)が総合3位に繰り上がっている。

ここまで行われたステージのうち11SSを制し、90秒以上のリードを築いたラトバラは、80kmのロングステージとして行われたSS20でリスクを避けた堅実な走りに徹し、オジエから25.3秒遅れのステージ2位を獲得。続けて行われた最終SSでもステージ2位となり、昨年の第11戦ツール・ド・コルス以来、5戦ぶりとなる勝利を手にした。また、ラトバラは今季初のポイントも獲得している。ラトバラに続き、総合2位を獲得したオジエは、ボーナスポイントが与えられる最終SSでもトップタイムをマークしたこともあり、ポインランキングでのリードを38点まで広げている。

総合3位を獲得するも、ペナルティにより後退したダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)
総合3位を獲得するも、ペナルティにより後退したダニ・ソルド(ヒュンダイi20 WRC)

総合3位にはブレーキングトラブルとオーバーヒートの問題を抱えながら粘りの走りをみせたソルドが入ったが、ソルドはレギュレーションで定められたタイヤの使用本数制限を守らなかったとして2分のタイムペナルティの判定。この結果、僅差で順位の逆転を許し、総合4位に後退している。

ランキング2番手に浮上したマッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)
ランキング2番手に浮上したマッズ・オストベルグ(フォード・フィエスタRS WRC)

ソルドのタイムペナルティにより、総合3位にはラリーをノートラブルで走り抜いたオストベルグが浮上。ポインランキングでもアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)を交わし、ランキング2番手につけた。

ソルドに続く総合5位はヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20 WRC)が獲得したほか、総合6位~8位まではフォード・フィエスタRS WRCを操るプライベーターのオット・タナクやマーティン・プロコップ、ロレンツォ・ベルテリがつけている。また、総合10位にはプライベーターのバレリー・ゴルバン(ミニ・カントリーマンWRC)が入り、ミニのWRカーで2013年のラリー・オーストラリア以来、3年ぶりとなるポイント獲得を達成している。

総合10位に入ったバレリー・ゴルバン(ミニ・カントリーマンWRC)
総合10位に入ったバレリー・ゴルバン(ミニ・カントリーマンWRC)

この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

2019 SARDイメージガール
はらことは

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング