ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2024.06.19 22:45
更新日: 2024.06.19 22:49

ホモロゲーション延長でマクラーレンに「余裕」。LMDhプログラムは2027年参戦開始を目指す?


ル・マン/WEC | ホモロゲーション延長でマクラーレンに「余裕」。LMDhプログラムは2027年参戦開始を目指す?

 マクラーレンは、先日発表されたハイパーカーとGTPクラスの現在のホモロゲーションサイクルを2年延長するという取り組みを歓迎している。ザク・ブラウンCEOによると、これによりマクラーレンには、このカテゴリーに参加するかどうかの決定を下すため「考える余裕」が生まれるからだ。

 マクラーレン・レーシングの現CEOであるブラウンのもと、この英国のメーカーは以前からLMDh規則に興味を持っていることが知られており、これまでもトップクラスのスポーツカーレースのプログラムに関わってきた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

2024 D'stationフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング