ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.12.16 12:20
更新日: 2019.12.16 13:57

山下健太、雨のバーレーンでTS050初ドライブ。新人勢最速も最初は「無線に答える余裕もなかった」


ル・マン/WEC | 山下健太、雨のバーレーンでTS050初ドライブ。新人勢最速も最初は「無線に答える余裕もなかった」

 WEC世界耐久選手権恒例のルーキーテストが12月15日、前日の8時間レースの興奮が冷めやまぬバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われ、TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッドを初ドライブした山下健太が総合2番手/新人勢最速タイムをマークした。総合トップタイムは同車のレギュラードライバーである小林可夢偉が記録している。

 WECの公式イベントであるルーキーテストは、世界でもっとも優れたレベルの若手ドライバーにスポーツカーの経験を与えることを目的に例年、暮れのバーレーンで行われているもの。


本日のレースクイーン

JATCO Fan-Fun Girl
鈴木志歩(すずきしほ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング