ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.08.05 13:57
更新日: 2020.08.05 14:07

IMSA:マツダ、雨とピットタイミングの不運に泣き優勝逃す。ロード・アメリカは5、6位


ル・マン/WEC | IMSA:マツダ、雨とピットタイミングの不運に泣き優勝逃す。ロード・アメリカは5、6位

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の最高峰DPiクラスに参戦しているマツダモータースポーツは8月2日、アメリカ・ウィスコンシン州で行われた第4戦ロード・アメリカで優勝争いを演じるも、突然の降雨に翻弄され55号車マツダRT24-P(ジョナサン・ボマリート/ハリー・ティンクネル組)が総合5位、僚友の77号車マツダRT24-P(オリバー・ジャービス/トリスタン・ヌネス組)は総合6位という結果に終わった。

 前戦のセブリングではファイナルラップでのガス欠により表彰台を逃してしまったマツダ勢。今回はその反省を踏まえ、予選3、4番手からスタートした2台のマツダRT24-Pはレース前半、必要以上のプッシュは控え前を走るアキュラ・チーム・ペンスキー2台の後方に待機して勝機を待つ戦略を採った。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
美月(みづき)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング