ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.09.21 19:06
更新日: 2020.09.21 19:19

「トラフィックでのハイブリッドの有利さをEoTは考慮すべき」と総合2位のレベリオン/ル・マン24時間


ル・マン/WEC | 「トラフィックでのハイブリッドの有利さをEoTは考慮すべき」と総合2位のレベリオン/ル・マン24時間

 トヨタGAZOO Racingのテクニカル・ディレクターを務めるパスカル・バセロンは、序盤に1号車レベリオンのセナが記録した発揮したスピードに関して、トヨタは「はっきりと心配していた」と言う。

 セナはスタート直後のダンロップシケイン進入で、PPからスタートしたトヨタ7号車TS050ハイブリッドのマイク・コンウェイに対してマシンを並べようとしたが、ブレーキングゾーンではコンウェイがリードを守った。

 その後、1号車レベリオンはオープニングスティントの間はトヨタ2台のあいだで走り、コンウェイを追った。しかしピットストップでトヨタの8号車TS050ハイブリッドが1号車を逆転し、トヨタのワン・ツーとなった。

 バセロンは「我々はレベリオンに関して、ふたつの点で驚いた」と語る。

「まずは、ブルーノのペースに驚かされた。プラクティスの間、彼はチームメイトと比べて特段速くは見えなかった」

「彼がレースでファステストをマークしたのを見て、我々ははっきりと心配になった」

「その後、我々の把握していない理由により、レベリオンのペースは大幅に遅くなった」

「最初のスティントはブルーノの速さを非常に心配したが、そこから急激にペースが落ちるという面でも、驚かされることになった」

「タイヤのデグラデーションなのか、トラフィックの問題なのか……それは分からない。だがアベレージラップが我々の事前の予想ほど速くなかったのを見て、我々はとても驚いた」

終盤まで3番手を走行していた3号車レベリオンR13
終盤まで3番手を走行していた3号車レベリオンR13


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

GREEN TECエボリューションギャルズ
桐嶋しずく(きりしましずく)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング