ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.09.28 11:16
更新日: 2020.09.28 11:17

IMSA:アキュラ、地元ミド・オハイオで優勝。テイラー/カストロネベス組は3連勝


ル・マン/WEC | IMSA:アキュラ、地元ミド・オハイオで優勝。テイラー/カストロネベス組は3連勝

 9月27日、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第7戦がアメリカ・オハイオ州のミド・オハイオ・スポーツカーコースで行われ、アキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/エリオ・カストロネベス組)が優勝し、第4戦からの連勝を“3”に伸ばした(第5戦はGTLM/GTDクラスのみ)。

 LMP2クラスを除くDPi、GTLM、GTDの計3クラスの車両が集った今戦、グリッドの最前列には2台のアキュラARX-05が並んだ。2時間40分で争われた決勝レース、スタートではデイン・キャメロン駆る6号車がポールポジションからホールショットを奪うと、これにウィレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.R、マツダモータースポーツの55号車マツダRT24-Pが続いた。


本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング