ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.10.14 12:35
更新日: 2020.10.14 12:56

ル・マン24時間の歴史の一部になったトヨタ/スペイン人ライターのモータースポーツ便り


ル・マン/WEC | ル・マン24時間の歴史の一部になったトヨタ/スペイン人ライターのモータースポーツ便り

 9月17~20日に、フランスのル・マンで行なわれた2019/2020年WEC世界耐久選手権第7戦ル・マン24時間レースは、8号車トヨタTS050ハイブリッドのセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組が総合優勝を果たした。トヨタの優勝は“ライバル不在”の結果という意見もあるが、スペイン在住のフリーライター、アレックス・ガルシアは異を唱えている。

—————————————–
 2020年のル・マン24時間レースが終わり、トヨタはこれでル・マン24時間の3度の勝者となった。この3年でTS050ハイブリッドは、長年ドライバーを務める中嶋一貴とセバスチャン・ブエミ、またフェルナンド・アロンソ(2018~2019年)とブレンドン・ハートレー(2020年)とともに、歴史的なマシンとなった。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
桜田莉奈(さくらだりな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング