ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.11.02 13:17
更新日: 2020.11.02 13:28

IMSA第10戦:2クラスでアキュラ勢が躍進。優勝&ランキング首位浮上で最終戦へ


ル・マン/WEC | IMSA第10戦:2クラスでアキュラ勢が躍進。優勝&ランキング首位浮上で最終戦へ

 2020年シーズンのIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第10戦ラグナ・セカは11月1日、ウェザーテック・レースウェイ・ラグナ・セカで2時間40分の決勝レース行われ、アキュラ・チーム・ペンスキーの7号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/エリオ・カストロネベス組)が優勝。ファイナルラップ直前まで首位を走っていた6号車アキュラARX-05は僚友に勝利を譲り2位でフィニッシュした。

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受けて、大きくカレンダーが変更された今季のウェザーテック・スポーツカー選手権。シーズン終盤を迎え佳境に入っているチャンピオン争いは、トップ5までが18点差にひしめく接戦具合。最終戦を前にしたこの第10戦は、シリーズチャンピオン候補が絞られるラウンドとなった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング