ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.10.19 18:06
更新日: 2020.10.20 00:59

IMSA第9戦:白熱しすぎた首位争い。共倒れに乗じWTRキャデラックが逆転優勝


ル・マン/WEC | IMSA第9戦:白熱しすぎた首位争い。共倒れに乗じWTRキャデラックが逆転優勝

 北米スポーツカーシリーズ、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の第9戦プチ・ル・マンが10月17日、アメリカ・ジョージア州のロード・アトランタで行われ、決勝の10時間レースをデイトナ24時間ウイナーである、コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.R(ウェイン・テイラー・レーシング)の10号車キャデラックDPi-V.R(ランガー・バン・デル・ザンデ/ライアン・ブリスコー/スコット・ディクソン組)が制した。

 新型コロナウイルスの影響でスケジュールの大変更を余儀なくされているシリーズがロード・アトランタを訪れるのは今季2度目。9月にワトキンスグレンの代替地として6時間レースが行われた同地において、今回はさらに4時間長い“オリジナル”の10時間の決勝レースが実施された。


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
宮野真菜(みやのまな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング