ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.10.03 09:05
更新日: 2020.10.03 10:16

IMSA:マツダ、2021年は1台体制へ縮小。将来に向けLMDhの“評価”にリソースを移す


ル・マン/WEC | IMSA:マツダ、2021年は1台体制へ縮小。将来に向けLMDhの“評価”にリソースを移す

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のDPiクラスに現在2台体制で参戦しているマツダが、2021シーズンは1台へと参戦台数を縮小することが明らかになった。

 2021年はオリバー・ジャービス/ハリー・ティンクネルのドライブによるRT24-Pを1台のみ投入し、ミシュラン・エンデュランス・カップのタイトルがかかる長距離戦では、これにジョナサン・ボマリトが加わる。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

2021D’stationフレッシュエンジェルズ
水瀬琴音(みなせことね)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング