ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.11.15 15:06
更新日: 2020.11.15 15:12

豊田章男トヨタ社長、タイトル獲得は「次のクルマへの“良いタスキ”になった」(コメント全文)/WECバーレーン


ル・マン/WEC | 豊田章男トヨタ社長、タイトル獲得は「次のクルマへの“良いタスキ”になった」(コメント全文)/WECバーレーン

 11月14日に決勝レースが行なわれたWEC世界耐久選手権第8戦バーレーン8時間レース。トヨタGAZOO Racingの7号車トヨタTS050ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペス)が優勝を飾り、逆転で2019/20シーズンのドライバーズタイトルを獲得した。

 これについてトヨタ自動車は11月15日に豊田章男・トヨタ自動車株式会社代表取締役社長のコメントを、プレスリリースで発表した。


関連のニュース

本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
犬宮えむ(いぬみやえむ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング