ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.12.15 07:15
更新日: 2020.12.15 10:31

IGTCキャラミ:8時間リードのホンダ、豪雨に泣く。BMW優勝でファーフス&キャツバーグが戴冠


ル・マン/WEC | IGTCキャラミ:8時間リードのホンダ、豪雨に泣く。BMW優勝でファーフス&キャツバーグが戴冠

 今年2月、オーストラリア・バサーストで開幕した2020年シーズンのIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ。その最終戦『キャラミ9時間』が12月12日、南アフリカのキャラミ・グランプリ・サーキットで行われ、ワーケンホルスト・モータースポーツの34号車BMW M6 GT3が総合優勝。シェルドン・ファン・デル・リンデとともにマシンを優勝マシンをシェアした、アウグスト・ファーフスとニッキー・キャツバーグがドライバーズタイトルを獲得した。

 2019年シーズンと同様にシリーズのフィナーレイベントとして開催されたキャラミ9時間。昨年は豪雨によるピット冠水の影響でレースが短縮終了となったが、2020年も終盤の雨がドラマを引き起こした。


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング