ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.11.17 07:00
更新日: 2020.11.17 10:26

AFコルセのギャンブル成功。終盤の逆転劇でピエール・グイディ戴冠/GTWCヨーロッパ最終戦


ル・マン/WEC | AFコルセのギャンブル成功。終盤の逆転劇でピエール・グイディ戴冠/GTWCヨーロッパ最終戦

 SROモータースポーツ・グループが運営するGTワールドチャレンジ・ヨーロッパの2020年シーズン最終戦、第8戦ポール・リカール1000kmが11月15日、フランスのポール・リカール・サーキットを舞台に行われ、AFコルセの51号車フェラーリ488 GT3(アレッサンドロ・ピエール・グイディ/トム・ブロクビスト/コム・レドガー組)が劇的な逆転勝利を収めた。

 先月末に行われた第7戦トタル・スパ24時間から3週間、“第3波”とみられる新型コロナウイルスの流行が欧州で猛威を振るなか、南仏ポール・リカールで6時間に及ぶシーズン戦いの火蓋が切られた。


本日のレースクイーン

HMReady’s
西崎華弥(にしざきかや)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング