ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.02.01 06:15
更新日: 2021.02.01 10:19

アキュラ、デイトナ24時間初優勝。小林可夢偉は追い上げ一歩及ばず2位


ル・マン/WEC | アキュラ、デイトナ24時間初優勝。小林可夢偉は追い上げ一歩及ばず2位

 1月31日、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第1戦デイトナ24時間レースの決勝レースがフィニッシュを迎え、コニカミノルタ・アキュラARX-05の10号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/フィリペ・アルバカーキ/アレクサンダー・ロッシ/エリオ・カストロネベス組)が総合優勝を飾った。

 北米スポーツカーレースの最高峰シリーズのハイライトであると同時に、世界三大耐久レースのひとつに数えられるデイトナ24時間(ロレックス24・アット・デイトナ)。5クラス計49台が出走したレースは晴天の下、30日15時40分(日本時間31日5時40分)にスタートが切られ、序盤はキャデラック勢がトップを争う展開となった。


本日のレースクイーン

SHADE GIRLS 2021
松田蘭(まつだらん)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング