ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.04.28 06:34
更新日: 2021.04.28 11:50

トヨタが最終セッションを首位で終える【タイム結果】2021年WEC公式テスト“プロローグ”2日目


ル・マン/WEC | トヨタが最終セッションを首位で終える【タイム結果】2021年WEC公式テスト“プロローグ”2日目

 4月27日、WEC世界耐久選手権開幕戦の舞台となるベルギー、スパ・フランコルシャンで公式テスト“プロローグ”の2日目が行われ、午前のセッションではLMP2クラスでGドライブ・レーシングの26号車アウルス01・ギブソンを駆る、ニック・デ・フリースが記録した2分04秒168がトップタイムに。午後はセバスチャン・ブエミが乗り込んだTOYOTA GAZOO Racingの8号車トヨタGR010ハイブリッドが2分04秒669というタイムをマークし、タイムシートの最上段につけている。

■WEC世界耐久選手権プロローグ 公式テスト2日目午前結果


本日のレースクイーン

5ZIGEN girls
松原杞紗(まつばらきさ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング