ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.05.17 16:54
更新日: 2021.05.17 17:20

マツダが敵地でポールから快走も終盤に失速。WTRアキュラが2勝目飾る/IMSA第3戦


ル・マン/WEC | マツダが敵地でポールから快走も終盤に失速。WTRアキュラが2勝目飾る/IMSA第3戦

 5月16日、アメリカ・オハイオ州のミド・オハイオ・スポーツカーコースでIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第3戦の決勝レースが行われ、ウェイン・テイラー・レーシング(WTR)の10号車アキュラARX-05(リッキー・テイラー/フィリペ・アルバカーキ組)が開幕戦以来、今季2度目の総合優勝を果たした。

 前戦のセブリング12時間レースから丸2カ月のインターバルを置き今季第3戦として迎えたミド・オハイオは、ホンダの北米ブランドの地元コースであり、アキュラのDPiカーが過去3年間無敗と『ARX-05』が得意としているラウンドだ。


本日のレースクイーン

マックスガール2021
永原芽衣(ながはらめい)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング