ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.12.07 16:01

ヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシング AsLMS第2戦富士 レースレポート


ル・マン/WEC | ヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシング AsLMS第2戦富士 レースレポート

2016年12月07日

2016-17アジアン・ル・マン・シリーズ第2大会(日本・富士)レビュー
--チーム・ランキング2位へ浮上--

■大会概要
開催地:日本・静岡県(富士スピードウェイ:一周4.563km)
開催日:2016年12月2日(金)~4日(日)

■富士レビュー
12月3日(天気:晴れ/路面:ドライ)予選8番手(GTクラス)
12月4日(天気:晴れのち曇り/路面:ドライ)決勝4位(GTクラス)

 静岡県の富士スピードウェイで12月2日~4日、全4大会で構成される2016-17アジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)の第2大会が総勢27台(GTクラスは13台)の参加により実施されました。

 イタリア・フォルリに本拠を置くヴィンチェンツォ・ソスピリ・レーシング(VSR)は、ランボルギーニGT3ジュニア・プログラム・ドライバーのケイ・コッツォリーノ、ランボルギーニGT3ジュニア・プログラム・ドライバーのコリー・ルイスに加えて、スーパーGTやスーパー・フォーミュラで活躍している関口雄飛を今回は新たに起用し、AsLMSのGTクラスに車両番号「6」の「ランボルギーニ・ウラカンGT3」で挑みました。

 3日に実施された15分間の予選は、クルマにもサーキットにも慣れているコッツォリーノが担当して8番手につけました。

 4日に実施された4時間の決勝はコッツォリーノがスタート・ドライバーを担当、1周終了時点で早くも5番手へ浮上しました。レース開始直後にクラッシュが発生、セーフティカー(SC)が導入されたタイミングでピットストップを実施。順位の後退を承知で、少ないながらも燃料を補給して、残る3時間50分のレースにおける戦略の幅を広げました。

 これにより一時は11番手まで後退するものの、コッツォリーノは自己ベストラップを叩き出しながら3番手まで順位を上げた35周終了時点でピットストップ、ルイスへステアリングを託しました。チームメイトの快走に刺激を受けたルイスも着々と順位を上げて84周終了時点でピットストップ、最後のスティントを関口に委ねました。