ル・マン/WEC ニュース[PR]

投稿日: 2021.07.30 08:00
更新日: 2021.07.30 08:01

J SPORTSが今年もル・マン24時間を生中継! トヨタの4連覇、全然簡単じゃない!?


ル・マン/WEC | J SPORTSが今年もル・マン24時間を生中継! トヨタの4連覇、全然簡単じゃない!?

 スポーツ専門チャンネルのJ SPORTSでは2021年も、WEC世界耐久選手権のハイライトである第4戦ル・マン24時間レースを8月18日(水)~8月22日(日)の5日間にわたって、衛星放送とオンデマンドで生中継を実施する。その今年のル・マン24時間の戦いについて、コメンタリー陣の代表、高橋二朗さんとサッシャさんが語る。

* * * * * *

「トヨタは全然余裕じゃない!」と、ファンの“気の緩み”に警戒感を募らせているのは、今年もJ SPORTSのWEC中継で実況を務めているサッシャさんだ。

「第2戦ポルティマオにしても、セーフティカー導入でそれまでのリードがなくなるという展開もあったにせよ、仮にトヨタの2台がもう1回ずつピットインしていたりしたら、アルピーヌに負けてるじゃん! という差(1分8秒)でした」

「8号車はスタートから燃費重視の作戦でしたが、そういう作戦を採っていなかったら……。8時間レースでこれ。ル・マンは3倍になるからその差が広がるとも取れそうだけど、リスクも3倍になるかもしれない。ポルティマオは結果だけを見ればトヨタがワン・ツー。ファンのみなさんからすると『ル・マンもどうせ勝つでしょ』となるかもしれませんが、そのぶんトヨタにかかるプレッシャーも大きい。だから、まったく簡単じゃないんです」

「そう、トヨタは勝って当たり前のなかで勝たないといけない」とうなずくのは、ル・マン現地での取材歴も長い“ジロー”さんこと高橋二朗さんだ。

「BoP(性能調整)はトヨタに対して厳しいものになるはず。燃費性能ではトヨタが優位だと言われているけど、やっぱり接戦になるように調整されるのが普通だからね。トヨタもそれに備えていると思うけど、ラクではない」

「いずれにしても、アルピーヌとの一騎打ちになるんじゃないかな。来年はプジョーが出てきて、2023年からはフェラーリLMDhにはアウディやポルシェも出てくる。トヨタが最初にハイパーカーで出ると言った後、いろいろあったけど、トヨタがWECとル・マンを引っ張ってきた。ハイパーカー初年度を獲り、4連覇をしたうえで、彼らを迎え撃ってほしいよね」

 ただ、ここ数年ゴール間近で何かが起きているのがル・マンというレース。前哨戦モンツァでは高速コースでのパフォーマンスではトヨタはいいものを見せていたが、車両トラブルもあった

「予期せぬことがあるかもしれないなかでの24時間。(中嶋)一貴選手に聞いたら、7号車と8号車のコンペティションも当然あると。一貴選手に4連覇してもらいたい気持ちもあるし、(小林)可夢偉選手を含めた7号車の3人にル・マンウイナーになってもらいたい気持ちもある。それにはトヨタが勝たないとダメ。想像以上にプレッシャーや苦しさがあります。ですから……」(サッシャさん)

「ファンのみなさんも気を抜かないで(笑)、一緒に見届けてほしいですね」(二朗さん)

* * * * * *

■ サッシャさん

J SPORTSではWEC中継の実況のほか、スーパーGT中継、サイクルロードレース中継の実況も担当。ラジオDJ、イベントMC、ナレーター、声優などマルチに活躍している。ドイツ・フランクフルト生まれ。

■高橋二朗さん

国内外で精力的に取材活動をするベテランモータースポーツジャーナリスト。J SPORTSではWEC中継の解説のほか、スーパーGT中継のピットレポーターなども務める。「ジローさん」の愛称でもおなじみ。

J SPORTSでWEC中継の実況を務めるサッシャさん(写真右)と、国内外で精力的に取材活動をするモータースポーツジャーナリストの高橋二朗さん(写真左)
J SPORTSでWEC中継の実況を務めるサッシャさん(写真右)と、国内外で精力的に取材活動をするモータースポーツジャーナリストの高橋二朗さん(写真左)
auto sport 2021年8月20日号 No.1557
auto sport 2021年8月20日号 No.1557

auto sport 2021年8月20日号 No.1557より転載
J SPORTS:https://www.jsports.co.jp/


関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)