ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.07.24 13:21

ル・マン・ハイパーカーでのIMSA参戦を「当然、検討する」とトヨタ。フェラーリとグリッケンハウスの考えは?


ル・マン/WEC | ル・マン・ハイパーカーでのIMSA参戦を「当然、検討する」とトヨタ。フェラーリとグリッケンハウスの考えは?

 FIA、ACOフランス西部自動車クラブ、IMSAの間におけるコンバージェンス(収束、収斂)の成果の一環として、2021年からWEC世界耐久選手権の最高峰カテゴリーの車両規則となったル・マン・ハイパーカー(LMH)に基づくマシンが、北米で開催されているIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権のレースに2023年から参戦できることとなった。

 2022年よりLMH車両でWECに参戦するプジョーは先日、9X8ハイパーカーでIMSAに参戦する場合は北米に展開するステランティス・グループ内の他ブランドからとしたい考えを明らかにしているが、現在LMHでWECに参戦するトヨタ、グリッケンハウス、そして2023年から登場する予定のフェラーリは、北米進出についてどう考えているのだろうか。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
辻門アネラ(つじかどあねら)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング