ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.08.22 00:50
更新日: 2021.08.22 07:35

雨のなか2021年ル・マン24時間がスタート。8号車トヨタが追突される波乱の幕開けに/決勝1時間後


ル・マン/WEC | 雨のなか2021年ル・マン24時間がスタート。8号車トヨタが追突される波乱の幕開けに/決勝1時間後

 8月21日(土)、2021年WEC世界耐久選手権第4戦/第89回ル・マン24時間レースの決勝がスタート。雨のなかセーフティカーラン・スタートとなったレース最初の1時間を経過した時点では、TOYOTA GAZOO Racingの7号車トヨタGR010ハイブリッド(マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組)が総合トップに立っている。

 18日(水)に開幕した“世界三大レース”は計4回のプラクティスと予選、ハイパーポール、そして決勝日午前中のウォームアップを経て、24時間の決勝を迎えた。レース前のセレモニーで、ここル・マンで2度の総合優勝を果たしたフェルナンド・アロンソによるアルピーヌF1のデモランなどが行われていくなか、グリッドウォークの最中に降り出した雨がサルト・サーキットの路面を濡らしていく。


関連のニュース

ル・マン/WEC レース結果

本日のレースクイーン


西野咲(にしのさき)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング