投稿日: 2016.07.17 09:22

スーパーフォーミュラ第3戦富士 P.MU / CERUMO・INGING 予選レポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ第3戦富士 P.MU / CERUMO・INGING 予選レポート

2016 SUPER FORMULA
P.MU/CERUMO・INGING Race Report

第3戦 富士スピードウェイ

◆7月16日(土) 天候:雨のち曇り | コース状況:ウェット

 2016年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦が富士スピードウェイで開催され、P.MU/CERUMO・INGINGは石浦宏明が予選2位でフロントローポジションを獲得。国本雄資はQ2で思ったようなアタックができず、13位となった。

 週末の富士スピードウェイは、不安定な天気となった。マシン搬入と専有走行が行われる金曜日は、午前中にスコールのような集中豪雨に見舞われたかと思うと、昼間には青空も見えるほどに回復。午後になると再び雨が降りだし、スーパーフォーミュラの専有走行はウェットコンディションから徐々に路面が乾いていく中でのセッションとなった。このセッションで、P.MU/CERUMO・INGINGは石浦がトップタイムをマーク。国本は9番手タイムを記録した。

 一夜明けた予選日も、朝から分厚い雲がスピードウェイの上空を覆っていた。霧雨の舞う中、フルウェットコンディションで行われたフリー走行では、石浦が6番手、国本は17番手にとどまったが、路面状況は次第に回復。スーパーフォーミュラの予選が始まる直前に再び雨が降ったことで、Q1はウェットコンディションでのスタートとなったが、セッション序盤に雨はやみ、徐々に路面が乾いていく中で予選が進められていった。


関連のニュース

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
荒井つかさ(あらいつかさ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング