スーパーフォーミュラニュース

2018.07.09

ホンダ 2018スーパーフォーミュラ第4戦富士 レースレポート


山本尚貴(TEAM MUGEN)

SUPER FORMULA Round.04
富士スピードウェイ

決勝
2018年7月8日(日)
静岡県小山町

#16 山本尚貴が貴重な1ポイント獲得でランキングリーダーの座を守る

 7月7日(土)~8日(日)富士スピードウェイ(静岡県)で2018年全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第4戦が開催されました。

 週末の富士スピードウェイは停滞する梅雨前線の影響で不安定な天候に見舞われました。土曜日午後2時30分からノックアウト方式の公式予選が行われましたが、Q1セッション開始直前に雨が降り出し、タイヤ選択が難しいコンディションとなりました。ポールポジションは#3ニック・キャシディ(トヨタ)が獲得、#16山本尚貴(TEAM MUGEN)がHondaエンジン搭載車としては最上位の2番手、#17塚越広大(REAL RACING)が5番手、#6松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が10番手につけました。

 決勝レースは日曜日の午後2時15分にスタート。フロントロー発進の山本でしたが、わずかに加速が鈍く、#1石浦宏明(トヨタ)、キャシディ、#19関口雄飛(トヨタ)、#36中嶋一貴(トヨタ)に続く5番手で1コーナーを通過。しかしヘアピンで中嶋を抜き返し4番手でレース序盤を戦います。松下は6番手でこれに続きました。

 ソフトとミディアムの2種類のタイヤをレースでは必ず両方使わなければならない規定のなか、まずはソフトタイヤでのスタートを選び4番手を守っていた山本でしたが、タイヤ摩耗が進んだレース中盤の27周目に中嶋の先行を許し、そのタイミングでピットイン。ミディアムタイヤに交換し、8番手でレースに復帰しました。

 しかし山本のペースはタイヤ交換後も上がらず、ピットインのロスタイムをばん回することができないまま8番手のポジションを守る展開となりました。レース終盤、山本の後方から#37ジェームズ・ロシター(トヨタ)が接近、並びかかる場面もありましたがなんとかポジションを守り、その後は引き離して8位でフィニッシュ、貴重な選手権ポイント1点を獲得しました。
 
 これで山本はシリーズランキングトップのままシリーズを折り返すことになりましたが、今回初優勝を遂げたキャシディが1点差に迫る接戦となっています。次回第5戦は山本の出身地である栃木県のツインリンクで、8月19日に決勝を迎えます。

山本尚貴(TEAM MUGEN)
山本尚貴(TEAM MUGEN)


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

TWS PRINCESS/2018SGT
竹本ちえ(たけもとちえ)

Photo Ranking

フォトランキング