投稿日: 2020.12.07 15:59
更新日: 2020.12.07 16:30

トヨタ 2020スーパーフォーミュラ第5&6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーフォーミュラ | トヨタ 2020スーパーフォーミュラ第5&6戦鈴鹿 レースレポート

2020年全日本スーパーフォーミュラ選手権第5&6戦鈴鹿

大荒れの同一週末2連戦。第5戦で中嶋2位、国本3位。第6戦では関口が3位表彰台獲得。
タイトル争いは平川亮が同点首位で最終戦へ

 スーパーフォーミュラの第5戦、第6戦が鈴鹿サーキットで行われました。土曜日に第5戦、日曜日に第6戦と同一週末の2連戦として開催された今大会、第5戦では中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が2位、国本雄資(carrozzeria Team KCMG)が3位。第6戦では関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が3位に入り、表彰台を獲得しました。タイトル争いでは、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が苦しみながらも第6戦で7位フィニッシュを果たし、2位と同ポイントの首位で最終戦へ臨むこととなりました。

 全日本スーパーフォーミュラ選手権の第5戦、第6戦が12月5日(土)、6日(日)の両日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されました。新型コロナウイルス感染症の影響により大幅に開幕が遅れたスーパーフォーミュラも、全7戦中4戦を終え、残る3戦は12月に入ってからという例年にないスケジュールでの開催となりました。この3戦のうち、今週末の鈴鹿で行われる第5戦、第6戦は土/日曜日にそれぞれ予選、決勝を行うダブルヘッダー開催となります。

 今季のスーパーフォーミュラは、4戦を終えて4人の異なる勝者が生まれる混戦となっていますが、開幕戦を制し、第3戦でも2位表彰台に上った平川が2位のニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)に11ポイント差をつけてランキング首位につけています。しかし、今季は優勝の20点に加え、ポールポジションで3点を得ることができ、また、今季に限って7戦中5戦の有効ポイント制ということもあって、まだまだタイトル争いは全く分からない状況です。

 12月に入っての開催ということもあり、今大会より、通常は使用できないタイヤウォーマーが使用可能となりました。これにより、予選での戦略なども変わり、さらに見応えのある大会となりました。

第5戦予選

 5日(土)は朝から快晴に恵まれました。気温15度、路面温度16度と12月としては暖かい陽気の下で午前9時10分より第5戦の予選がノックアウト方式で開始されました。

 Q1はA組とB組の2グループに分けて実施します。まず、A組の10台がアタックし、上位7台がQ2へと進出します。10分間のセッションですが、開始と共に多くの車両がコースへと向かいました。一旦ピットへ戻った車両は、残り3分半ほどで再度コースイン。キャシディが1分35秒353とこれまでのコースレコードを上回るタイムをマーク。石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)もこれには及ばないものの1分35秒800とコースレコードを上回るタイムを叩き出しました。

 結局、A組はキャシディが2番手、充分にタイヤを暖めて最後にアタックした小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が4番手、石浦が6番手、関口が7番手でQ2への進出を決めました。この時点で、6番手の石浦までがこれまでのコースレコードを上回る、非常にハイレベルの争いとなりました。一方、早めにアタックしていたサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)は小林に押し出される形となり8番手で無念のQ1敗退。大嶋和也(ROOKIE Racing)も10番手に終わりました。

 B組では、前戦トヨタ勢最上位フィニッシュと上り調子の国本が2番手。第2戦で初勝利を挙げた坪井 翔(JMS P.MU/CERUMO・INGING)が5番手。WECからの復帰戦となる中嶋が6番手。山下健太(KONDO RACING)は最後の最後に押し出される形で惜しくも8番手でQ2進出を逃しました。しかし、ランキング首位、そして前日のフリー走行でも圧倒的なトップタイムをマークした平川は車両トラブルのため出走できないというアクシデント。平川は第5戦最後尾からのスタートが確定となってしまいました。

 Q2では、セッション最後に猛烈なアタック合戦が繰り広げられました。チェッカーの直前、キャシディがコースレコードを上回る1分35秒598をマークし、一旦は2番手につけましたが、そこから各車がタイムアップしていき、キャシディの順位はどんどん下がっていくことに。

 結局、出走した14台全車がコースレコードを更新するなか、Q3への進出を果たしたのはWECからの帰国組である中嶋と小林の2名。国本は僅か0.007秒及ばず9番手。関口が10番手、キャシディは結局11番手、坪井が13番手、石浦が14番手でグリッド決定となりました。Q3もハイペースな予選となり、中嶋は1分34秒台をマークしましたが2列目4番手。小林が3列目6番手から午後の決勝に臨むこととなりました。

2020年スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)
2020年スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)

第5戦決勝

 予選から約3時間と慌ただしいインターバルを経て、気温16度、路面温度19度というコンディションで午後1時15分に第5戦決勝レースのフォーメーションラップが開始されました。気候を鑑み、通常よりも多い2周で予定されていたフォーメーションラップでしたが、この間に10番手グリッドの関口がトラブルに見舞われコース上にストップ。関口はレースを始めることなく戦線離脱となってしまいました。

 関口の車両排除のため、フォーメーションラップは2周延長、決勝レースは2周減算の28周としてスタートが切られました。2列目4番手の中嶋はまずまずのスタートを切りましたが、その後方6番手グリッドの小林が抜群のダッシュを見せ、一気に3位へと浮上。後方では最後尾スタートの平川がこちらも素晴らしいスタートで12位までポジションアップを果たしました。

 レースは1周目にクラッシュ車両が発生し、いきなりのセーフティカー導入。6周目に再スタートが切られると、4位につけていた中嶋は、再スタート直前のシケインで止まれず、5位へと後退。しかし、その後中嶋はライバルを抜き返し、小林に次ぐ4位へと復帰しました。

 既定のタイヤ交換のためのピットインが可能となる10周目を過ぎると、下位グループからピットへ。上位勢では6位を走行していた国本が12周終了でピットイン。翌周に小林と中嶋がピットへ。ここで小林は左前タイヤの交換作業に手間取り、タイムロス。ピットアウト後の順位では、中嶋、国本らの先行を許すこととなってしまいました。

 19周目にもクラッシュ車両による、この日2度目のセーフティカーが導入。このタイミングでピットインしていなかった車両が一斉にピットへと向かいました。全車がピットを終え、23周目に、残り6周での再スタート。この時点で中嶋が2位、国本が3位、坪井が5位、小林が6位、平川が7位、キャシディが8位。

 再スタート直後、激しい4位争いで坪井、小林、平川を含む4台が横一線で1コーナーへと進入することになりましたが、ここで接触が発生。一番イン側で僅かに前に出かけていた平川でしたが、後方から当てられる形でタイヤバリヤにクラッシュ。坪井も右タイヤのパンクなど大きなダメージを負い、そのままガレージへ。小林はノーズにダメージを負うも、間一髪でこの大クラッシュをかわし、4位へと浮上しました。

 このアクシデントによりこの日3度目のセーフティカーが導入。レースは最後の2周で再スタートが切られる、超スプリントの展開となりました。4位の小林は後方のキャシディに迫られましたが凌ぎ切り、上位勢は順位の変動なくチェッカー。中嶋が2位、国本が3位で表彰台を獲得。小林が4位、キャシディが5位、途中タイヤバーストに見舞われながらも粘り強く追い上げた石浦が6位。Q1敗退から追い上げた山下とフェネストラズもこのサバイバル戦を走り切り9位、10位でポイント獲得を果たしました。

2020年スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)
2020年スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)

VANTELIN TEAM TOM’S 36号車 中嶋一貴(第5戦終了時コメント)

「朝の予選は4番手でしたが、クルマの手応えは非常に良かったです。決勝のスタートも悪くはなかったんですが、うしろの可夢偉選手がすごく良くてひとつポジションを落とし、その後のセーフティカーからの再スタート直前のシケインで、ブレーキが抜けてしまってまたポジションを落とすことになりました」

「とはいえその後もペースは良く、ピットインのタイミングやピット作業の速さもあって良い場所に戻してもらえたのですが。最後に山本選手が目の前に戻って来て、あとはセーフティカーからのリスタートだけやって終わったような感じでした」

「山本選手には届きませんでしたが、内容的には良いレースができたと思います。今年はここまでもてぎ、SUGOの2戦しか出ていませんが、今週も含め、チームがずっと安定して良いクルマを用意してくれて、パフォーマンスも出せていると思うので、2位で満足することなく、久々に優勝を狙いたいと思っています」

2020年スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)
2020年スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)

■次のページへ:第6戦レースレポート


関連のニュース

本日のレースクイーン

muta racing fairies
五十嵐みさ(いがらしみさ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング